めまいに対する鍼灸の役割

めまいといってもその症状や原因はさまざまです。個々によって治療効果も異なりますが、鍼灸治療ではめまいに対してとても良い効果が期待できるでしょう。しかし、中枢性のめまいに対しては残念ながら効果がえられません。中枢性のめまいとは、回転性めまいに属し小脳や脳幹の異常によって引き起こされています。
血管障害や脳腫瘍などの危険な兆候である可能性がありますので、病院を受診しましょう。鍼灸でのアプローチはというと、まずは血液の循環の改善を目指します。めまいがある場合は首の筋肉が凝り固まっていることがあります。鍼灸で首のコリをほぐすと血流促進が期待でき、短期間で症状が改善することがあります。
次に自律神経の乱れによるめまいの症状ですが、鍼灸治療では自律神経へのアプローチを得意としていますので、継続的に鍼灸を受けることで改善が期待できます。気、血、水のバランスを整えることができる鍼灸治療で、めまいの症状によってもたらされているその他の体調不良も同時に改善できるでしょう。