痛みと日常生活動作

関節を動かして物をとる時、一定の姿勢をとるときの痛みは日常生活動作(ADL)を低下させてしまいます。五十肩などは典型的な例ですが、症状が悪化する前に治療を受けるようにしましょう。そのような時にお勧めなのが鍼灸治療です。
整形外科等病院での治療を続けているのに、なかなか改善されないと悩んでいる方の中に、鍼灸治療を受けたところ症状が改善へと向かう例は多数あります。鍼灸で症状を改善する場合は、それによって影響を及ぼしている箇所すべてをトータル的に治療していきます。
その理由は、内臓疾患や頚椎などの変位が原因で発症することがあるからです。整形外科などで痛みの治療をする場合、大抵は患部に湿布などをします。鍼灸治療では手の届かない内部に刺激を与え、自然治癒能力を高めて筋肉の細胞の再生を促すことを目指します。
患部表面だけの治療とは異なり、体内で起っている炎症に直接刺激をあたえることで、本来持ち合わせている再生能力を引き起こすことができるのです。治療と並行で適度な運動やストレッチなどを取り入れ、体重管理を維持することで確実に症状を改善できるでしょう。