アレルギーへの鍼灸効果

アトピー性皮膚炎の症状は、年齢や性別を問わず非常に多くに確認されてています。特に女性は症状を隠すために長袖を通年して着用したり、メイクにより症状を悪化させるなど、中には精神的なダメージを受けている方も少なくありません。
あらゆる薬を使用しても効果を感じられない場合は、鍼灸治療で交感神経と副交感神経の乱れを整え、免疫機能の正常化を目指していきましょう。アトピーを治すためにステロイドは必要ですが、長期の使用を続けた方は症状が複雑になっていると予想されます。
副次的にもたらされる免疫機能の低下を回復させるためにも、鍼灸を役立ててください。治療は正常な機能を取り戻す事を目的とし、皮膚を観察しながら皮脂の分泌やリンパの流れを改善し、症状軽減を目指していきます。