中野区 自律神経失調症と不定愁訴

疲労感や頭が重くイライラしてや不眠が起こってしまったり様々な不調を感じているにもかかわらず、病院の検査では「異常なし」と診断されるケースがあります。しかし、自律神経の不調が深く関与している場合が多いのです。
このような原因不明の健康被害を「不定愁訴」と呼び、原因が判明しないために効果的な治療法が見出せずに手立てのないまま苦しむ人は数多く存在しています。
この不定愁訴は病院での診断では日常的に使われる言葉ですが、東洋医学で不定愁訴と診断されることはありません。
その理由は患者の症状の訴えを一番の情報として身体の回復治療を行う医術になるため、あいまいな表現である不定愁訴という言葉は使わないのです。
病院で不定愁訴と診断された場合のほとんどは東洋医学で改善することができるため、不定愁訴に悩んでいる方はできるだけ早く治療を開始するのが良いでしょう。
中野区・練馬区・杉並区 自律神経失調症なら「至誠堂治療室」にお任せください。