頭痛の治療

手の親指には大脳にまでつながっている経路が存在します。そのため、鍼灸治療で頭痛解消の治療を行うときは手首や肘関節を見過ごすことはできません。
頭痛を治療するのに手指の構造を確認する理由は身体の使い方が緊張性頭痛を引き起こすことが多く、それらの関連を意識したほうが頭痛の解消に至ることが多いのです。
経路の流れは川の流れのように上流や下流が存在して始まりと終わりのポイントがあるため、その流れに沿って治療する必要もあるのです。
基本的に鍼灸で治療を行いますが、皮膚に対して一日に何度も刺激できるほど優しいものではないため、1日にアプローチできる回数が限られてしまいます。
そこで、鍼灸治療後にマッサージや矯正で治療の効果を高めることが可能になるのです。