腰痛の治療

中高年を悩ます三大病の一つとして数えられるのが、昔から多くの人に苦痛を与えてきた腰痛です。腰痛を発症すると全く身動きが取れなかったり、どんな体勢を取っても緩和できない激痛に苦しむことになります。
また、腰痛はそのまま放置してしまうと癖になります。湿布や薬で痛みを一時的に麻痺させたり、合わない治療法を継続してしまうなどの一時しのぎを続けると優れた治療を行っても完治させることが困難になってしまうのです。
腰痛を覚えた場合には一刻も早く鍼灸治療を受けることをオススメします。腰痛だからといって腰のみの治療を行うわけではありません。腰の機能と密接に関係する仕組みを持つ経絡に沿った治療を行うのが腰痛改善の最善策になるからです。