関節痛の治療

関節痛に悩んでいる人は、不快感のために思わず手が関節部分にいってしまうという経験があると思います。これは、人間は何かしらの疾患を抱えると無意識に患部に手を当てるという行動をするものです。
関節痛でこの行動が起こるということは、身体は関節痛を「怪我」や「病」としてとらえている証拠でもあるのです。関節痛が引き起こされる原因として、関節痛は関節そのものを使い過ぎた場合や姿勢の悪さなどが挙げられます。
また、関節痛がひどくなると関節部分を動かすことができなくなるという症状が現れる場合もあります。関節痛が少しでも現れた場合は、鍼灸によって血行を良くして適切な矯正を行い正常な関節機能を保つことが大切です。
関節痛は肺・心臓・胃腸・子宮などに異常がある場合にも引き起こされるため、内臓機能を正常化させる治療も同時に行うことになります。