東洋医学で疲労回復

欧米の人は足が疲れた場合は靴を脱ぎ裸足になって歩くことで疲れを取り除くといいます。かつての日本人も歩いて行動することが多かったため、宿場に着くとすぐにワラジを脱ぎ裸足になって疲れを取り除いたということです。
鍼灸において人間の足というのは、身体の疲労を回復する上で重要な部分とされています。足裏を適度に刺激することは足の筋肉を収縮あるいは弛緩させることにつながり、循環を改善させることになるのです。
青竹踏みや健康サンダルなどは有名ですが、これらは東洋医学において足裏の刺激する健康療法として発生したものです。素足で過ごすことによる疲労回復はこの仕組みから得られるものなのです。