西東京市 乾燥肌と鍼灸

寒い季節になると特に女性の間で流行するのが乾燥肌です。先天的に肌の保湿性が低い人などは、一年中乾燥肌というケースもあるようです。
乾燥肌は化粧のノリが悪くなるだけでなく、手足や唇のカサつきやヒビ割れ起こしターンオーバーも正常に行えなくなるため、肌そのものが荒れてしまう原因にもなります。
乾燥肌を放置してしまうとシワやくすみの原因となるので、実年齢よりも老けた印象になってしまうというデメリットもあります。
乾燥肌を改善するためにはいかにして肌に水分を保つかが重要です。化粧水などで外側から保湿を行っても気休め程度の効果しかなく、乾燥肌の根本原因を改善させなければ乾燥肌体質で過ごさなければなりません。
東洋医学では乾燥肌の原因は肌そのものではなく、体内循環の異常が原因だと考えています。本来、人間の肌は何もしなくても乾燥しないように作られており、赤ちゃんがうるおいのある肌をしているのは正常な体内循環を維持しているからです。
しかし、歳を重ねていくにつれて体内循環が乱れて肌にうるおいを与える機能が停滞することで、乾燥肌という症状が現れてしまうのです。
鍼灸はこの体内循環を正常化して赤ちゃんの肌のように保湿性のある肌へと改善する治療法が用意されており、肌質改善に期待が持てるのです。
中野区・練馬区・杉並区・西東京市 美容鍼灸なら「至誠堂治療室」にお任せください。