灸の種類と治療方法

まず、透熱灸と呼ばれるものは艾を米粒大ぐらいの円錐形に作り皮膚の上に直接置いて火をつけます。少しだけチクッとした感覚がありますが、その刺激によって自己治癒力や免疫力を高める方法になります。
次に、知熱灸と呼ばれるものは艾を指先くらいの大きさの円錐形に作り皮膚の上に直接置いて火をつけます。熱いと感じたところで取り去り温感を与える方法になります。
続いて、温灸と呼ばれるものは艾を直接皮膚に置かずに患部から距離を置いて燃焼させて温める方法で、種類も豊富にあります。艾を和紙などで棒状に巻いた棒灸や、家庭用として市販されている台座灸や温筒灸なども温灸に含まれます。
さらに、隔物灸と呼ばれるものは艾と皮膚の間に物を置いて灸をする方法です。この場合は間に置くものによって名前がつけられており、例えばにんにく灸・みそ灸・しょうが灸・塩灸・にら灸・びわの葉灸などがあります。
最後に、灸頭鍼と呼ばれるものは身体に鍼を刺してその鍼の柄の部分に丸めた艾をつけて火をつける灸です。鍼の刺激と灸の輻射熱を同時に与えることができる方法で、鍼灸の本髄と言える治療法です。