排尿痛の予防と治療

トイレで排尿時に痛みを感じるという症状が排尿痛です。原因は疲労や精神的ストレス、免疫力の低下や感染症も考えられます。排尿痛の原因となる疾患も様々あるので、病気のサインという可能性も考えられます。
排尿時に痛みを感じる疾患は尿道炎・急性膀胱炎・尿路結石症・神経因性膀胱・膣がん・子宮内膜症などがあります。それぞれの病気で排尿時痛の強さや他の症状が異なります。
日常生活でできる予防法としては身体的・精神的な疲れやストレスを溜めないということです。疲れやストレスを溜めると免疫力が低下して細菌感染を引き起こしやすくなるので注意しましょう。また、性行為感染症の予防も心がけると良いでしょう。
排尿時の痛みが強い時や長期間続くような時は泌尿器科や婦人科を受診し、正しい対処をすることで排尿痛や原因となる疾患の予防・治療ができることを認識しておきましょう。