不整脈の症状と治療

心臓の鼓動は正常な状態であれば一分間に約50~100回の脈拍です。しかし、何らかの原因で規則正しい心臓の収縮が行なわれずに脈が速くなる・遅くなる・脈がとんだりする症状を不整脈といいます。
主な原因は心臓が正しく鼓動を繰り返すために必要な正しい電気信号が、心臓に上手く伝わらないことによって起こるといわれています。原因を特定することが困難な場合もあり、重大な疾患が隠れている可能性も考えられます。
不整脈の症状としては、脈が一定でないために呼吸困難・息切れ・胸が苦しく感じる・めまい・立ちくらみ・疲労感・吐き気などが起こります。異常を少しでも感じる場合は専門医を受診して検査・治療をすることが大切です。
心電図上で問題がない場合、胸椎の亜脱臼・左背部や胸部・頚部の筋硬結が電気信号に関連しリズムを乱すことがあると考えられています。そのような場合は、矯正や鍼による自律神経への刺激により症状が改善するかも知れません。
専門的治療が第一選択ですが、原因がない場合はストレスマネジメントとしての東洋医学も視野に入れていきましょう。