アレルギー性疾患の鍼灸治療

人間の身体にはウイルスや細菌が侵入してきた時に排除しようとする免疫といわれる働きがあります。しかし、害のないものにも働き過ぎてしまい様々な症状を引き起こすことをアレルギーといいます。
主にアトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎・花粉症・アレルギー性鼻炎・気管支喘息などがあります。原因はアレルゲンといわれるアレルギーを引き起こす物質で、代表的なアレルゲンは食物・金属・花粉などがあります。
また、自律神経のバランスが崩れることにより免疫反応が過剰になり、アレルギーのリスクを上げてしまうこともあります。
アレルギー性疾患は専門治療が第一選択ですが、自律神経のバランスを整えるという点では鍼灸治療も考えられます。鍼灸は自律神経を調節することに優れていますので、専門治療と共に治療を開始することもよい選択です。