気管障害の専門治療と骨格矯正

気管支炎・気管支拡張症・気管支喘息などは呼吸器疾患です。気管支炎は痰がからむ咳が長く続く疾患で、急性と慢性に分かれています。急性は炎症全般を指しますし、咳や痰が2年以上続いて年に3ヵ月以上継続する場合は慢性になります。
喘息とは息苦しい・咳き込む・呼吸時に「ゼーゼー」「ヒューヒュー」と音が出る・運動後息苦しいなどの症状がみられる疾患です。何度も気管支炎を繰り返すと、喘息に移行していく可能性があります。
このような気管障害は専門病院での治療が第一です。胸や背中の骨格の歪みや筋肉の異常がみられる場合があるので、それらの矯正も視野に入れると良いかも知れません。
矯正で身体のバランスをとることで、症状の軽減や虚弱体質に多い全身的な症状を改善することも期待できます。専門の治療と共に骨格矯正を検討してみるのも一つの考えです。