西東京市 自律神経と食欲不振

食欲不振が起こる場合は何らかの不調があると考えることができます。ですから、胃腸などの内臓疾患がある時や風邪で体調の悪い時などに起こることが多いのです。また、夏バテ・運動不足・不規則な生活・睡眠不足・過度の疲労などが原因で起こることもあります。
さらに、感情の乱れや憂うつ・イライラなどといった精神的な緊張も大きな原因のひとつです。この精神的ストレスで自律神経のバランスが崩れると、胃液の分泌の不調や胃の蠕動運動の低下などを起こして食欲不振になってしまいます。
何らかの病気や不調という原因が明確な場合は、原因となる疾患の治療をすることが先決です。ただ、ストレスで自律神経のバランスが崩れたことが原因の場合には、東洋医学という方法もひとつの方法として考えられます。
矯正で骨格の歪みや筋肉の緊張を改善することで、バランスの崩れた自律神経を整えることができます。そうすれば、胃液の分泌や胃の動きを正常に戻すことが可能で、自然と食欲不振も解消されていくでしょう。
中野区・練馬区・杉並区 自律神経失調症なら「至誠堂治療室」にお任せください。