妊娠に向けた身体づくり

不妊症のために不妊治療をされている方も少なくありません。不妊症の原因は様々で、数々の検査をしても明確な不妊の原因が判明しないケースもあります。原因としては、無排卵性月経や無月経、卵管狭窄や癒着・閉鎖、子宮筋腫・子宮腺筋症・子宮の先天奇形・子宮の発育不全、骨盤腹膜炎や癒着、子宮内膜症など数多くあります。東洋医学による治療の基本的な考え方は妊娠のための身体づくりです。つまり、妊娠がスムーズに成立する身体に改善することです。不妊鍼灸では、鍼で身体のバランスを整えて自然治癒力を高めて灸で免疫力を高めます。この治療により妊娠しやすい身体にすると同時に、妊娠後の赤ちゃんが育つ環境を最良にするのです。母体にとって良いことは赤ちゃんにとっても良いことなのです。

中野区・練馬区・杉並区・西東京市 不妊鍼灸なら「至誠堂治療室」にお任せください。