中野区 子宮を温めて不妊症対策

子宮は本来、冷やしてはいけない場所です。低体温であると血液の循環が悪くなり、子宮が冷えて機能が低下して女性ホルモンのバランスが乱れてしまいます。子宮はお腹の中にあるため「少しぐらい寒くても大丈夫だろう」「身体の表面を冷やしてもそれほど影響はないだろう」などと考えるのは大きな間違いです。特に近年のような露出の高いファッションは身体を冷やす原因といえます。本人が我慢できる程度の冷えならば問題ないと思うかもしれませんが、体感的な冷えほど当てにならないものはなく「少し寒いかな」と感じた時点で子宮はかなり冷えてる場合が多いのです。そして、この子宮を冷やしてしまうことで引き起こされるのが不妊症なのです。不妊症は現代の若い女性を中心に広まっており、若い女性でも不妊症に悩んでいるケースが多いのも実状です。その理由は、生活環境やファッションなどを理由に子宮を冷やしがちな女性が多いためです。鍼灸による治療は全身の経穴を刺激することによって、身体を温める作用を持っています。鍼灸が不妊症に効果的な理由は、子宮を温めて機能を回復させる事に優れているという面があるからです。機能が正常になれば、大抵はこの時点で不妊症は解消されるのです。
中野区・練馬区・杉並区・西東京市 不妊鍼灸なら「至誠堂治療室」にお任せください。
東洋医学 健康情報 10