杉並区 月経前症候群・PMS

月経にまつわるトラブルを抱えている女性は少なくありません。大半の人が身体に変調をきたしたり、イライラなどの不快な経験をしたことがあるようです。排卵から月経が始まるまでの時期に現れる身体的、あるいは精神的な不快症状は「月経前症候群・PMS」と呼ばれ、大抵の女性なら経験すると思います。こういった症状を感じると「もうすぐ生理が来る」と判断する女性も多いはずです。生理不順・生理痛・月経前症候群は、微熱・だるさ・眠気・腹痛・腰痛・頭痛・めまいなどを伴う非常に不快な症状ですが、症状が強い人もいれば、軽い人もいて個人差があります。このような女性の症状は病気ではないため、効果的な治療薬などがあるわけでもなく、ほとんどの人は鎮痛剤などを服用して安静にするほか手立てはないと考えていると思います。しかし、鍼灸治療ではこうした女性特有の症状を緩和し、不快感をできるだけ解消する技術が発達してします。そもそも生理にまつわるトラブルとは子宮機能が変調をきたし、ホルモン分泌のバランスが崩れてしまうことが大きな原因です。鍼灸はそれらを司る経穴にアプローチし、自己治癒力などを高めることによって十分に症状を和らげることが可能なのです。月経にまつわるトラブルに悩んでいる女性ほど、鍼灸は味方になってくれる治療法なのです。
中野区・練馬区・杉並区 月経前症候群 PMSなら「至誠堂治療室」にお任せください。
東洋医学 健康情報 8