坐骨神経痛

坐骨神経痛は何らかの理由によって坐骨神経に圧迫やストレスが加わり、神経痛として表面化する疾患のことです。症状は太ももからつま先にかけて痛みが走るというものであり、痛みの度合いも体調や季節の変化によって差があります。根本的な原因が未だにはっきり解明されておらず、確実性のある治療法も完全には確立されていないため、持病として坐骨神経痛があるという人が多いという特徴があります。また、椎間板ヘルニア・梨状筋症候群・腰椎すべり症・脊椎神経根の圧迫・腰部脊柱管狭窄症・などが関係する疾患と考えられていますが、誘発原因はその限りではないようです。坐骨神経痛を発症してしまった場合には、病院で治療を行うのが一般的で無難な方法となりますが、並行して整体や鍼灸などの東洋医学療法を受けるのも効果的です。痛みを解消するという点では鍼灸による治療が効果的とされているため、痛みに耐えられないほど症状が悪化した場合には、鍼灸治療を取り入れてみるのもよいでしょう。
東洋医学 健康情報 4