喘息の治療

喘息という疾患は運動不足による体力の弱化やバランスの崩れた食事習慣、不規則な生活が原因となって引き起こされるケースが多く見られます。 現在のストレス社会では、喘息は生活習慣病のひとつに数えられるほど身近で慢性的な国民病ともいえる疾患なのです。 喘息が引き起こさ…

頭痛の治療

手の親指には大脳にまでつながっている経路が存在します。そのため、鍼灸治療で頭痛解消の治療を行うときは手首や肘関節を見過ごすことはできません。 頭痛を治療するのに手指の構造を確認する理由は身体の使い方が緊張性頭痛を引き起こすことが多く、それらの関連を意識したほう…

腰痛の治療

中高年を悩ます三大病の一つとして数えられるのが、昔から多くの人に苦痛を与えてきた腰痛です。腰痛を発症すると全く身動きが取れなかったり、どんな体勢を取っても緩和できない激痛に苦しむことになります。 また、腰痛はそのまま放置してしまうと癖になります。湿布や薬で痛み…

首や肩の治療

肩こりや首こりを解消する場合の最も効果的な治療法は鍼灸になります。それを解消する効率的な手段は患部に関連する経穴を刺激し同時に矯正することです。 鍼灸などの東洋医学は人体の反応点へのアプローチで疾患を治すという技術に秀でています。薬の服用では解決しないため気休…

関節痛の治療

関節痛に悩んでいる人は、不快感のために思わず手が関節部分にいってしまうという経験があると思います。これは、人間は何かしらの疾患を抱えると無意識に患部に手を当てるという行動をするものです。 関節痛でこの行動が起こるということは、身体は関節痛を「怪我」や「病」とし…

膝痛の鍼灸ケア

膝関節に異常が出ると少しの運動でも痛みを伴うことになります。異常を放置すると影響が太ももやふくらはぎにまで達し、足全体が痛むという末期症状になってしまいます。 そこまで悪化してしまうと解消するのは鍼灸治療でも難しいケースになってしまい、そのほかの療法でも回復は…

治療で使用する頭や足の経穴

足のにはさまざまな経穴が存在しており、鍼灸で刺激することによって頭痛・精力減退・冷え性・食欲不振・腰痛・胃痛・神経痛・だるさ・肩こり・糖尿病・高血圧などの疾患に大きな効果をもたらすとされています。 さらに、人間の頭にも多数の経穴が存在し足と同じく頭痛・精力減退…

東洋医学で疲労回復

欧米の人は足が疲れた場合は靴を脱ぎ裸足になって歩くことで疲れを取り除くといいます。かつての日本人も歩いて行動することが多かったため、宿場に着くとすぐにワラジを脱ぎ裸足になって疲れを取り除いたということです。 鍼灸において人間の足というのは、身体の疲労を回復する…

鍼灸で慢性疲労を解消

特別な原因は何も無いにも関わらず、長時間にわたって強い倦怠感や疲労感を覚えてしまうのが慢性疲労です。この慢性疲労は別名「慢性疲労症候群」という病名があります。 この慢性疲労は一時的に休んだところで解消することは不可能です。慢性疲労はさまざまな体の不調を伴うケー…

鍼灸で花粉症対策

風邪の鼻づまりと花粉症は症状が同じですから、鍼灸で使用する経穴も同じになります。その場合は全身への治療が基本となります。 そして、基本治療で身体のバランスを整えた上で鼻関連の経穴を多用すると大抵の場合は鼻づまりや花粉症を大きく改善することが可能です。 また、症…

12345...