世界各国における不妊鍼灸

不妊症に対する鍼治療は世界各国で注目を集めています。大学や医学会(アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・デンマーク・中国・オーストラリアなど)での臨床研究や論文、婦人科などからの報告や欧米のメディア掲載では、鍼治療で妊娠の確率が高くなることや、鍼治療を受けたことによる有意差や臨床的意義を示すものが多くあります。
また、胚移植日・黄体期・一定期間に何回以上などの条件下での結果であることが多く、月経周期の安定や婦人科疾患への有効性なども報告されています。それら医学誌等は、不妊治療と鍼治療を併用した場合の妊娠率向上を伝えており、欧米の専門医からも注目されるなか、日本でも婦人科と鍼治療の併用が多くなっています。
上記の研究チームらは、自律神経への刺激によるストレス緩和・循環改善・ホルモン変動などが起こるためではないかという見解のもと、更なる研究を進めていくとしています。
log No.16,Kimura