衛生管理について

使用する鍼.jpg実際に使用する鍼について説明をします。鍼はディスポーザブルで使用前は滅菌状態で密封されています。シャーレ・膿盆・手指・患部を消毒後に鍼を開封し、使用後は医療廃棄物として処理されます。同一の鍼を複数回に渡り使用したり、他者と使い回すことは衛生的にも倫理的にもあり得ませんので、感染症などの心配は不要です。
また、長さや太さが色分けされており、場所によって適切な鍼を使い分けています。鍼の苦手な方は緊張が効果を邪魔してしまうため、鍼を使用しない場合もあります。刺激量は意図的に調節が可能で徐々に刺激量を増やしていきますが、想像している痛みを感じることはありませんから安心してください。
log No.3,Kimura